あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 一時払い生命保険の満期時の課税方法について教えて下さい

チェック the 相談事例

一時払い生命保険の満期時の課税方法について教えて下さい

2011年12月20日

【ご相談事例】

一時払い生命保険の満期時の課税方法について教えて下さい

【ご回答】

低金利時代の中、一時払いの生命保険が人気を集めています。
今回は満期(解約)時の課税方法について解説しましょう。

満期保険金・解約返戻金を受け取ったとき、通常、契約者と保険金受取人が同じ場合は「所得税(一時所得)」の対象となります。(同じでない場合は贈与税の対象になります)

一時所得では下記方式で課税されます。

{(保険金+配当金)-払込保険料-特別控除額50万円}×1/2

つまり、定期預金で言う利息に当たる部分50万円までは非課税なのです。しかも50万円を超えても、超えた額の1/2が対象になるわけですから20%源泉分離課税に比べると大変有利になるわけですね。

ただし、保険期間が5年以下(5年以下の期間で解約したものを含む)の生命保険契約で、かつ保険料の払込が一時払いの養老保険、個人年金は金融類似商品とみなされ、満期保険金から支払った保険料を差し引いた差益に対して20%が源泉分離課税されます。

契約方法や保険種類をよく吟味して検討する必要がありますね。

個別のご相談や商品設計については弊社までご相談下さい。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら