あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 親がかけてくれていた生命保険、続けた方がいいですか?

チェック the 相談事例

親がかけてくれていた生命保険、続けた方がいいですか?

2010年12月22日

【ご相談事例】

親がかけてくれていた生命保険、続けた方がいいですか?

【ご回答】

古くから加入していた生命保険を見直す際に重要なカギを握るのが「加入保険種類」の見極めです。生命保険は大きく「終身・養老・定期」の3タイプに分けることが出来ますが、終身保険を厚めに加入されている場合は「お宝保険」としてぜひ残す方向で考えましょう。

例えば、20年前の保険商品の予定利率はなんと5.5%!
単純にこれを積立預金に置き換えて考えると、毎月1万円を30年積み立てた場合、払込総額360万円に対して約917万円も受け取れてしまうのです(@_@)

こんな事例があります。
終身保険:1000万円(定期特約500万付、30歳で契約、払込期間60歳)
月払保険料 22,660円

この終身契約の場合、払込満了すれば、定期保険の500万の保障は消滅し、それ以降は1000万の終身保障となりますが、払込満了直前に「払済み」終身保険に移行すると、なんと1,406万円の終身保険として継続できるのです。

その理由は、この終身保険が20年前の予定利率が高い時の契約であるため、実は払込直前で解約金価値が1047万円もあるからなのです。
上記は極端な例ですが、この「払済み」方法を上手く生かせば、非常に有利な契約に切り替えることができるのです。

参考までに過去の予定利率を上げておきます。

(1)昭和60年4月~平成5年4月    5.5%
(2)平成5年4月~平成6年4月    4.75%
(3)平成6年4月~平成8年4月    3.75%
(4)平成8年4月~平成11年4月   2.90%
(5)平成11年4月~平成13年4月   2.15%

上記の期間に契約された生命保険があれば「お宝保険」の可能性が高いので、ぜひ上手くいかして継続する方向で考えましょう。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。