あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 個人情報漏えい保険について教えて下さい

チェック the 相談事例

個人情報漏えい保険について教えて下さい

2011年04月08日

【ご相談事例】

個人情報漏えい保険について教えて下さい

【ご回答】

個人情報が漏えいし、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害と、謝罪広告掲載費用お詫び状作成費用など被保険者が事故対応のために支出した費用損害を補償する保険です。

例えば、

●顧客の個人情報が記録・保管されていたサーバーに社外の者が不正アクセスし、5万人分の個人情報を盗み出した。後日、顧客がプライバシー侵害を理由に損害賠償請求を提起した。

●被保険者の従業員が顧客(個人)の名簿をコピーして持ち出し、名簿業者に販売した。顧客はインターネットで被害者を募り、弁護団を結成して被保険者を訴えた結果、被保険者は多額の損害賠償金と訴訟対応のための弁護士費用の支出を余儀なくされた。

●取引先企業が収集した10万人分の顧客名簿をデータベース化する業務を請負っている被保険者が、当該名簿を紛失してしまった。
この事実を知った取引先企業は、すぐに謝罪広告を掲載し、顧客に対してお詫び状を送付する等、多額の費用を支出し、被保険者に対して費用損害を賠償するよう求めた。

などが賠償責任保険の対象となります。

また、

●顧客へのダイレクトメールの作成、発送を外部の業者に委託したところ、当該業者の従業員がその顧客情報を社外へ流出させた。被保険者は新聞に謝罪広告を掲載するとともに、顧客に対してお詫び状を発送したため、多額の費用を支出した。

●被保険者の従業員が顧客情報(個人情報)を外部に持ち出し、名簿業者に販売した。被保険者はすぐにコールセンター会社と契約してお客様相談窓口を設置し、情報漏えいの対象となった顧客に対しては一人あたり500円相当の金券を送付する等、多額の費用を支出した。

などは費用特約でお支払いすることができます。

詳しい保険料、内容については弊社までお問い合わせ下さい。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら