あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > がん保険で優先する保障は何ですか?

チェック the 相談事例

がん保険で優先する保障は何ですか?

2011年04月14日

【ご相談事例】

がん保険で優先する保障は何ですか?

【ご回答】

ひとくちに「がん」といっても、その態様は様々です。
現在のがん治療は必ずしも入院を必要とする治療ばかりではありません。
入院は1日程度であとは通院をメインに治療するケースも多いのです。

ただ、治療にどの程度の費用がかかるのか、社会復帰までどれくらいかかるかはその時点でないと予測することは難しいのです。

そこで対策としては「がん」と診断された時点で給付金が支払われ、自由にお金が使えるタイプが最も有効だと言えます。がん保険ではこれを「診断給付金」と呼んでいます。

最近では先進医療を受けた場合に支給される「先進医療給付金」があるタイプも登場しています。粒子線治療などはこの先進医療給付タイプでも対応できるケースが多いので、診断給付金と合わせてご検討されることをお勧めします。

また、術後の治療は通院になることが多いので、通院保障の充実したタイプを選ぶとよいでしょう。

例えば、当社のお客様で、入院・手術は1日、それから45日間の通院で放射線治療を受けられたケースがありました。
この場合、入院給付金は1日のみの支払いで、費用の大半は通院給付金でまかなわれたのです。

実際のがん治療の事例を考えると、通院治療の充実はぜひご検討いただきたいですね。

詳しい保険料、内容については弊社までお問い合わせ下さい。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら