あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 生前贈与に終身保険が最適な理由

チェック the 相談事例

生前贈与に終身保険が最適な理由

2013年11月06日

相続税の基礎控除が5,000万円から3,000万円に大幅にダウンし、法定相続人の比例控除も1名あたり1,000万円から600万円に引き下げられることから、従来以上に「生前贈与」の重要性が高まっています。

そんな環境にあっても生前贈与が遅々として進まない理由が、
「あまり若いうちから子供たちに大きなお金を渡してしまうと、子供のためにならないのでは」
と考える方が多いからです。

そんな心配をズバリ解消するのが下記のパターンの生命保険契約。

生前贈与

このプランであれば、贈与した保険料は親の死亡時に現金化されることになり、お子様の無駄遣いにつながる心配はありません。

他にも
保険金は一時所得で、税負担が軽い
贈与した保険料より保険金の方が受取額が増える
などのメリットがあり、いわば知る人ぞ知る生前贈与プランになっています。

改正後の相続税の最高税率は55%に対して、
生前贈与であれば310万円まで税率は10%。
贈与できる人が3人いれば、10年で9,300万円
(その間の贈与税は600万円)

の財産移転が可能になります。

具体的な節税メリットや実行時の注意点は弊社コンサルタントにご相談下さい。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。