あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 予定利率の推移と保険料の比較について教えて下さい

チェック the 相談事例

予定利率の推移と保険料の比較について教えて下さい

2011年04月30日

【ご相談事例】

予定利率の推移と保険料の比較について教えて下さい

【ご回答】

生命保険の保険料は、あらかじめ一定の運用収益を見込んで割引されています。この割引に使用する利率を予定利率といいます。
同じ保障額の保険料に加入する場合、予定利率すなわち割引率が高いほど保険料は安くなります

そのため転換(下取り)することによって、予定利率の低い契約に切りかえる事は大きな損失になる可能性があります。

★予定利率の推移

昭和56年4月~  5.0~6.0%
昭和60年4月~  5.5~6.25%
平成02年4月~  5.5~5.75%
平成05年4月~  4.75%
平成06年4月~  3.75%
平成08年4月~  2.75%
平成11年4月~  2.00%
平成13年4月~  1.50% 

※国内大手保険会社参考料率

それでは予定利率によってどれくらい保険料が違うのか見てみましょう

★予定利率の違いによる保険料比較(参考)

終身保険 30歳男性 60歳払済 口座月払 1,000万円

予定利率5.5%   月払約10,100円
予定利率3.75%  月払約13,700円
予定利率1.65%  月払約21,150円

以上のことから、現在の低金利下ではかなり高めの保険料を負担することになるのです。そのため予定利率が固定で配当機能の無い商品を買う際は十分ご注意下さい。

詳しいご相談は弊社までお問い合わせ下さい。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら