あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 契約者、被保険者、保険金受取人の違いについて教えて下さい

チェック the 相談事例

契約者、被保険者、保険金受取人の違いについて教えて下さい

2011年05月22日

【ご相談事例】

契約者、被保険者、保険金受取人の違いについて教えて下さい

【ご回答】

保険商品には「契約者」「被保険者」「受取人」が存在します。

契約者とは、保険契約上の「権利」と「義務」を持つ人のことで、契約内容や受取人の変更が出来るとともに、保険料支払いや住所変更を通知する義務も併せ持った人のことです。

被保険者とは、いわゆる保険の対象になる方で、病気やけがなどが保険の対象となっている人のことです。

契約者と被保険者が違う場合、契約者が勝手に契約を結ぶことはできません。被保険者が契約内容に同意して初めて契約として成立します。
契約者と被保険者が違う契約では、契約者に万一のことがあった場合や入院することがあっても、保険金が支払われることはありません。

受取人というのは、保険金や給付金、年金などを受け取る人のことで、契約者が指定します。ただし、入院給付金や手術給付金の受取人は、一般的に被保険者と決められています。

死亡保険金や満期保険金を受け取った場合、契約者と受取人がどのような関係にあるかによって、対象となる税金の種類が異なります。

詳しくは弊社までお問い合わせください。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。