あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > マンションの火災保険金額が購入した金額より低いのはなぜですか?

チェック the 相談事例

マンションの火災保険金額が購入した金額より低いのはなぜですか?

2011年05月24日

【ご相談事例】

マンションの火災保険金額が購入した金額より低いのはなぜですか?

【ご回答】

マンション購入価格には、建物価額以外に、土地代に相当する「敷地利用権の価格」が含まれています。

このうち火災保険の対象となるのは建物の建築価額のみであり、その中でも区分所有者が保険をかける必要がある「専有部分」についての金額が保険金額(=ご契約金額)となります。

そこで購入価格から純粋な建物価格を割り出すために「購入時の消費税率」を活用します。これは敷地利用権には消費税が課税されない事を利用して建物価格を算出する方法です。

購入時の消費税額÷購入時の消費税率=建物価額(専有部分と共有部分の持ち分)

※この算式により算出される価額に消費税を加算すれば、建物部分の購入価額となります。なお、これは購入価額であるため、再調達価額(新価)算出するためには新築の場合を除き、年次別指数表の係数を乗じる必要があります。

個別具体的には弊社までお問い合わせ下さい。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。