あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 保険料が自動振替貸付されているときの生命保険料控除はどうなりますか?

チェック the 相談事例

保険料が自動振替貸付されているときの生命保険料控除はどうなりますか?

2011年09月04日

【ご相談事例】

保険料が自動振替貸付されているときの生命保険料控除はどうなりますか?

【ご回答】

貸し付けを受けている場合でも生命保険料控除は使えます。
以下、「所得税基本通達76-3(2)」から抜粋です。

(2)その年中にいわゆる振替貸付けにより生命保険料等の払込みに充当した金額は、その年において支払った金額とする。

(注)

1. いわゆる振替貸付けとは、払込期日までに生命保険料等の払込みがない契約を有効に継続させるため、保険約款等に定めるところにより保険会社等が生命保険料等の払込みに充当するために貸付けを行い、その生命保険料等の払込みに充当する処理を行うことをいう。

2. いわゆる振替貸付けにより生命保険料等に充当した金額を後日返済しても、その返済した金額は支払った生命保険料等には該当しない。

詳しいご相談は弊社相談窓口までお問い合わせ下さい。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。