あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 医療保険は終身払い、短期払いどちらがいいの?

チェック the 相談事例

医療保険は終身払い、短期払いどちらがいいの?

2011年09月27日

【ご相談事例】

医療保険は終身払い、短期払いどちらがいいの?

【ご回答】

これもよくある質問ですね。どちらも一長一短あるのですが、ここでは2つのポイントをご紹介しましょう。

1.払込保険料総額で検討するなら「短期払い」

例えばある保険会社で40歳男性、日額10,000円(60日型)先進医療特約付を契約した場合、
65歳までの短期払で月払6,440円(払込総額1,932,000円)となりますが、終身払なら月払4,700円で、男性の平均寿命80歳まで支払った場合、払込総額が2,256,000円となり、短期払の払込総額を大きく上回ることになります。

もちろん長寿であれば保険料を払い続けなければなりませんので、その差は更に大きくなります。

2.最新の保障を準備したいなら「終身払い」

今や医療保険の商品内容は日進月歩。通常は3年、長くても5年で商品は一新していきます。
例えば先進医療特約などはここ数年の内に登場した保障で、お客様のニーズも高い特約になっています。つまり、元々掛け捨ての医療保険を積極的に見直すならば、保険料単価は出来るだけ低い方がいいということになります。

迷われた場合は終身払い、短期払いを50%ずつ契約するというのも一つの手ですね。

個別の保険料や商品の比較については弊社までご相談ください。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら