あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 低金利でも個人年金保険に加入するメリットはありますか?

チェック the 相談事例

低金利でも個人年金保険に加入するメリットはありますか?

2011年10月17日

【ご相談事例】

低金利でも個人年金保険に加入するメリットはありますか?

【ご回答】

歴史的な超低金利状態の中、長期金利固定商品である個人年金保険の加入を疑問視する声が多く聞かれます。
確かに平成初頭には予定利率が5%の時代もあったわけですから二の足を踏むの当然です。

ただ、資産形成の最大のポイントは「長期間の積み立て」にあるということを忘れないで下さい。

例えば、
現在35歳の方が1%の金利で60歳までに1,000万円を
貯めるには毎月29,400円が必要になります。

これを45歳の方が3倍の金利3%で60歳までに1,000万
を目指しても毎月の予算は44,100円まで膨れあがるのです。

つい最近も新聞紙上で公的年金の支給開始年齢が最速で2024年に68歳~70歳へ引き上げられるとの予測が掲載されました。50代前半までの方はかなりの影響を受けるのは
避けられません。

平等に使えるのは時間だけです。
出来るだけ早期にセカンドライフへの準備を始めましょう

詳しい個人年金保険の比較、保険料については弊社までご相談下さい。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。