あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 貯蓄性の高い、積み立てができる生命保険について教えて下さい。

チェック the 相談事例

貯蓄性の高い、積み立てができる生命保険について教えて下さい。

2014年01月10日

【ご相談事例】

貯蓄性の高い、積み立てができる生命保険について教えて下さい。

【ご回答】

保険で貯蓄、資産運用をお考えということですね。
ここでは、貯蓄性のある保険、いわゆる「貯蓄型保険」についてご説明していきたいと思います。

貯蓄型保険とは

貯蓄型保険の特徴は「保障」と「貯蓄」を兼ねているという点にあります。
貯蓄型保険は

1.契約満了時に満期保険金がでるもの(養老保険、個人年金保険など)
2.中途解約した場合に「戻り金」があるもの(終身保険、逓増定期保険など)

上記の2つに大別され、それぞれライフプランや貯蓄目的を考慮した上で、適したものを選択できるようになっています。

貯蓄型保険の注意点

貯蓄や資産運用目的で保険を活用したいと考える場合、以下のような注意点があります。

1.保証と貯蓄を兼ね備えている
貯蓄型保険は、当然、万が一に備えた保障がついています。
保険料にはその保障部分も含まれていますが、加入後に保障が必要ないと感じても、その保障部分だけを外して保険料を安くするという事はできません。

2.中途解約をすると、解約払戻金が払込み済みの保険料より少なくなる場合がある
貯蓄型保険は、加入期間が短い状態で中途解約すると、解約払戻金が払込み済みの保険料よりも少なくなるケースが多く見られます。
マイナスを出さないためにも、貯蓄型保険に加入する際には、中長期加入を想定しておくことをおすすめします。

3.加入時の利率が継続する(一部を除く)
長期定期保険や低解約返戻金型終身保険といった保険商品の場合、加入時の利率が満期までずっと続くこととなります。そのため、これらの保険は、加入後に金利が上昇しても恩恵を受けることができません。

積立利率の上昇をみこして貯蓄型保険への加入を検討する場合は、積立利率変動型終身などの検討が必要となります。

貯蓄型保険の詳細、おすすめ商品などについては、是非弊社にご相談ください。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。