あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 長期平準定期保険を活用した決算期の利益調整方法

チェック the 相談事例

長期平準定期保険を活用した決算期の利益調整方法

2014年04月07日

法人で加入する生命保険というと節税効果をまずイメージするでしょう。

しかし、長期平準定期保険には決算期の利益調整にも非常に有効な面もあります。

簡単にまとめると次のように活用できます。

手続き キャッシュ 利益
1.保険を解約 発生 利益確保
2.保険を払済に 発生しない 利益確保
3.契約者貸付を利用 発生 利益にはならない

それぞれの概要は以下の通りです。

1.保険を解約する

解約返戻金を受け取りますので現金が発生します。

現金が増えるので資産が増えます。

よって決算時には黒字化に貢献します。

2.保険を払済にする

解約返戻金をそのまま保険料に当てるので現金は発生しません。

保険料積立金が増えるので資産が増えます。

よって決算時には黒字化に貢献します。

3.契約者貸付を利用する

短期貸付金として現金を受け取ります。

ただし、貸付金であるため資産は増えません。

保険種類や税制により運用が異なる場合があります。

詳しくはお問い合わせください。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。