あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 空家にはどんな火災保険をつければいいですか?

チェック the 相談事例

空家にはどんな火災保険をつければいいですか?

2011年08月14日

【ご相談事例】

空家にはどんな火災保険をつければいいですか?

【ご回答】

空家の使用形態によって火災保険における「物件種別」というものが決まり、それによってつけられる火災保険も違ってきます。

例えば、

住居として使用される可能性の無いもの、販売用の一戸建て住宅、貸別荘、モデルルームなどは「一般物件」となりますので、適用できる火災保険は、普通火災保険、店舗総合保険などになります。
(各保険会社ごとにペットネームで商品名の呼び方が異なります)

これが、季節的に住居として使用される建物で、家財が常備されている別荘などの場合は「住宅物件」となりますので、適用できる火災保険は、住宅火災保険、住宅総合保険になります。
(各保険会社ごとにペットネームで商品名の呼び方が異なります)

空家だからといって特別保険料が高いわけでもありません。
住宅物件であれば地震保険もかけることができます。

ただし、保険会社によっては空家の火災保険の引き受けを断っているケースもあります。

詳しいご相談や保険料は弊社までお問い合わせ下さい。

空き家を賃貸する際に、オススメな火災保険の補償は?

空き家に地震保険をつけることはできますか?

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。