あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > お役立ち情報 > 支給額より手取額!子ども手当は計画的に。

お役立ち情報

支給額より手取額!子ども手当は計画的に。

2010年06月01日

info_img.gif
今月から支給の始まった「子ども手当て」。

支給には賛否両論ありますが、せっかくもらえる手当ですから、賢く使えるようにしたいものです。
使いみちと共に気をつけたいのが「実質の手取額」。こども手当ては一人あたり13,000円が銀行に振り込まれますが、同時に扶養控除も縮小されますので、実質増税となる部分があるのです。

そのあたりを簡単にシュミレーションできるのが、

『家計シュミレーション My Case ~マイケース~』
http://bit.ly/aCbugV
(明治安田生活福祉研究所監修)

です。使い方は至ってカンタン。

下記の質問に順に答えていくだけ。
■小学生の子どもの有無
■子どもの数
■一番上の子どもの年齢
■二番目の子どもの年齢
■生計維持社の年収
■配偶者の年収
■年代別の扶養家族の有無

それによると、小学生のお子様が2名。年収500万円の家庭では所得税が、年額4.4万円増えることがわかりました!しかも来年は配偶者控除の廃止も視野に入っています。
通帳の振込額よりも、実際の手取額に注意してこども手当を有効に活用しましょう!

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。