あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 医療保険は本当に必要ですか?

チェック the 相談事例

医療保険は本当に必要ですか?

2010年12月13日

【ご相談事例】

医療保険は本当に必要ですか?

【ご回答】

最近、雑誌等で「健康保険には高額療養費制度(※)があるので、医療保険は必要ないですよ、その分は貯蓄でまかなうましょう」と言った記事がよく掲載されます。

確かに、高額療養費制度があるおかげで仮に100万円の治療費がかかっても、計算上は87,430円で自己負担で済みますから、これだけを見れば貯金でもいいかなと考えがちですが、本当に必要なのは治療費用よりも病気・ケガ入院にの際に必要になってくる関連費用なのです。

例えば、主婦の方が入院された場合、ご家族の食事は外食が多くなり、小さいお子様がいる場合は近親者に助けを求めなければなりません。その際も交通費や滞在費などの負荷が大きくなりますね。

あるいは、ご主人の場合であれば入院が長期になれば、生活費や住宅ローンの支払いに影響が出ます。仮に健康保険で傷病手当金(給与の60%)が支給されても、収入減による貯蓄の目減りは避けられません。

大切なのは数字上だけで全て判断するのではなく、ご自身が入院された場合のケースを想定して保険手配を検討する必要があるということですね。

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。