あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 出費が重なり保険料が払えないのですが、解約しなければならないのでしょうか?

チェック the 相談事例

出費が重なり保険料が払えないのですが、解約しなければならないのでしょうか?

2012年11月13日

【ご相談事例】

出費が重なり保険料が払えないのですが、解約しなければならないのでしょうか?

【ご回答】

保険料を払えなくなった時、下記のような方法で対応することが出来ます。

1.自動振替制度

保険料を保険会社が立て替える方法です。

この制度は契約者貸付制度と同様の原理により、生命保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に立て替え、契約を有効に継続させる制度です。

自動振替貸付制度について教えて下さい

契約者貸付制度について教えて下さい

2.払済保険

現在の保険契約の保険料の払い込みを中止して、その時点の解約返戻金を原資として、同じ種類の保険または養老保険に変更する方法です。

保険期間は前の契約と同一ですが、保険金額は少なくなります。

払済保険について教えて下さい

3.延長保険

現在の保険契約の保険料の払い込みを中止して、その時点の解約返戻金を原資として元の契約と同額の定期保険に変更する方法です。

保険金額は前の契約と同一ですが、保険期間は短くなります。

4.特約解約

主契約に付加している特約のみを解約する方法です。

特約を解約することで、特約分の保険料負担が無くなります。

また、解約した特約に解約返戻金があれば、それを受け取ることも可能です。

複数の特約を付加している場合、生命保険会社や特約の種類によっては、他の特約も解約しなければならない場合もあります。

5.減額(一部解約)

保障の一部だけを解約することで、保険金額を減額した分だけ保険料の負担を軽くする方法です。

また、減額部分に対する解約返戻金があれば、それを受け取ることができます。

一般的に、主契約・特約のいずれも減額できますが、主契約を減額すると各種特約の保障額が同時に減額される場合もあります。

6.配当金の受け取り

配当金付き商品であり、かつ受け取り方法を“積立”にしている場合は、配当金を受け取る事が出来ます。

契約者配当金について教えて下さい

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。