あなたの保険アドバイザーが見つかるサイト。キャリア10年以上の専門家ネットワーク

全国無料保険相談
保険相談ホームページ.jp
サイトマップ お問い合わせ

HOME > チェックthe相談事例 > 20年以上前の火災保険ですが、ちゃんと払ってもらえますか?

チェック the 相談事例

20年以上前の火災保険ですが、ちゃんと払ってもらえますか?

2011年02月16日

【ご相談事例】

20年以上前の火災保険ですが、ちゃんと払ってもらえますか?

【ご回答】

長いことこの仕事をやってますが、古い建物に付いている火災保険でダントツなのが【一部保険】です。

【一部保険】とは建物の評価額に対して、保険金額が少ない状態を言いまして、実際に火災になっても保険金が減額されるマズイ状態を言うのです。

たとえば、

(1)時価額:2000万円 火災保険金額:1000万円
 (時価額>保険金額なので一部保険となります)
(2)火災による損害額:1000万円
(3)支払われる損害保険金

1000万円×1000万円(保険金額)/2000万円(時価額)=500万円

1000万円の火災保険に入っているのに、500万円しか払われない!!

なぜ、こんな契約が多いのかをお教えしましょう。

20年、30年前に住宅金融公庫や銀行でローンを受けて、マイホームを建てられた方の多くは、融資額=火災保険金額の契約をされているパターンが非常に多いのです。

しかし、建物の評価額と融資額はイコールではありませんので、前述のような【一部保険】になってしまうというわけです。
おまけに更新がありませんから、見直しをされている方はほとんどいません・・・。

築20年以上のマイホームをお持ちの方はぜひチェックしてみてくださいね!

総合受付窓口

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。